東晶貿易は、自社開発のインターネットメディアの企画・運営を通じ、
社会に「豊かさ」を実現するために日々挑戦を続けています。

  • マーケティング
    プランニング事業
  • SEOフロント事業部
マーケティング
プランニング事業
当事業部は第一事業部と第二事業部に分かれ、
自社メディアの運用およびフロント業務を担っています。
トップキャリアである「マーケティングプランナー」を目指し、
営業も運用もできる専門性を積み上げているメンバーが切磋琢磨しています。

Win-Win-Winな関係を目指して

マーケティングプランニング事業部では目の前の利益を追い求めるだけではなく、関わる全ての人(会社×クライアント×自分自身)が相互に有益性を感じる状態を実現することを目指しています。

短期的な数値のコミットも重要ですが、それ以上に中長期的に持続的な関係性が構築できるよう、
「先を見据えた提案/行動」を心がけています。

譲れない想い(=パッション)は
相手に伝えることで実現に近づく

ビジネスで何かを実現するうえで、自分の中に仕事に対する熱意や譲れない想い、実現したい目標があることは大前提です。

フロント業務には特にパッションが重要で、ロジカルで冷静な部分だけではなく、うまくぶつけられる人が活躍しているイメージです。
そのため当事業部ではそれらをいかにアウトプットするか、に重要視しています。

自分のパッションの熱を人に伝導させることで、周囲の協力や理解が得られ、実現に近づけていきます。

自由度が高く責任ある環境
を楽しめる人材

当事業部の魅力は裁量権が与えられることです。

意欲のある人にはどんどん仕事が振られ、年齢に関わらず課長職に抜擢されるなど、やればやるほど活躍の場が広がっていく環境です。

反面、求められる責任が大きくなることで仕事もハードになりますが、
当事業部ではそのような状況ですら楽しんでしまうようなメンバーが集まっています。

SEOフロント事業部
当事業部では、主に自社サービスのSEOメディアコンテンツ制作を行っています。
またクライアントとの調整やディレクション、
プロジェクトマネジメントなど、フロント部分の役割も担っています。

答えの無い仕事に、
100通りの解決策を試していく

SEOメディア制作は、自分の書いた記事が世に出て、世の中に影響を与えるという華やかな面と、どうやったら数字が取れるのか、成果が出るのかを思考し、繰り返し試し続ける地道な面が混在してます。

「これをやったら成果が出る」という明確な答えはなく、常に試行錯誤しながら答えをひねり出す

まさに奇想天外、と言った言葉が相応しい仕事です。

パッションとロジカルの両面が
求められる仕事

SEOメディア制作で成果を出すためにはパッションとロジカル両面からの努力が必要です。

ただ我武者羅に記事を増やす、文字を増やすだけでは決して成果に結びつかず、
成果を出すために思考やプロセスを可能な限り可視化/言語化し論理的にアプローチすることが求められます。

反面、記事の作成を他者に頼るなど効率性を求めるだけでもダメで、
ここ一番という時には自らの知識とスキルを総動員して記事を書きあげる情熱も必要です。

SEOだけではない、
広く深い経験を積む

当事業部の他社にはない特色は、SEOメディア制作をしながらも、コミュニケーション能力、フロント力、調整力、交渉力と言った、営業に近い能力を身に付けられることです。

「経験の幅がある人は強い」という概念のもと、様々な経験をして貰いながら、当事業部のトップキャリアである「SEOフロント」に達するため、コツコツと実力を積み上げていくイメージです。